×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



絵画:幼いマリー・アントワネットとモーツァルト
Little Marie Antoinette and Mozart


音楽:モーツァルト 歌劇『フィガロの結婚』より 「もう飛ぶまいぞこの蝶々」
Wolfgang Amadeus Mozart, Non piu andrai (Le Nozze di Figaro).
 神童と呼ばれた、音楽の天才児モーツァルトは、1762年12月、6歳の時、ウィーンのシェーンブルン宮殿で、女帝マリア・テレジアの前で御前演奏をしました。
 この時のモーツァルトは、マリア・テレジアの膝に飛び乗って、何度もキスをしたりと、天衣無縫ぶりを見せています。

 モーツァルトはこの時、宮殿で素晴らしい演奏をした後、磨き上げられた床で、転んでしまいました。
 怖いもの知らずの男の子も、さすがに泣き出したいくらい恥ずかしくなります。
 その時、一人の少女がモーツァルトに駆け寄り、助け起こしてくれました。
 モーツァルトは少女に言いました。
「きみはやさしいね。大きくなったら、ぼくのお嫁さんにしてあげるよ」
 その少女こそ、女帝マリア・テレジアの末娘、当時7歳のマリア・アントニア(後のマリー・アントワネット)でした。

 あまりに無邪気なプロポーズ。母、マリア・テレジアはどんな思いで、この風景を見ていたのでしょうか。
 この頃、オーストリアは、フランス、ロシアと同盟を組み、プロイセンとの間で7年戦争が起きていました(1756年6月〜1763年2月)。1763年2月のパリ条約でこの戦争は終結しますが、マリア・テレジアはフランスとの同盟強化をはかるため、同年5月、大使として懐刀であるメルシー伯爵をフランスに送り、末娘アントニアと、フランス国王ルイ15世の孫、フランス王太子ルイ・オーギュスト(後のルイ16世)との結婚話を持ちかけたのです。
 それは、この幼いプロポーズから、半年ほど後のことでした。
 そして、アントワネットとモーツァルトは、2度と会うことはありませんでした。



7歳のマリー・アントワネット
Marie Antoinette, 7 years old.



マリア・テレジアからプレゼントされた衣装を着たモーツァルト
The costume was a gift of the Empress Maria Theresa.