×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



絵画:J・デュクルー 「マリー・アントワネット・ド・ロレーヌ」
Joseph Ducreux, Marie Antoinette de Lorraine, 1769.


音楽:J・S・バッハ フランス組曲第4番 BWV815
J.S.Bach, French Suite No.4 in Eb, BWV815.

 13、4歳のマリー・アントワネットです。
 マリア・テレジアは娘に、必死に未来の王妃に相応しい教育を施しましたが、その結婚相手である未来のフランス国王の方はどうだったのでしょうか。実は、フランス王太子ルイ・オーギュストについて、ヴェルサイユに派遣していたオーストリア大使からは「頭は悪く、不恰好」という報告が、マリア・テレジアの元に届いていたのです。
 けれど、オーストリアのため、それがいったいなんだというのでしょう? しかし、まだ夢見る少女であるアントワネットには、それは伝えられず、未来の夫は「まじめで勤勉」と美点だけが伝えられていたようです。


15歳のフランス王太子ルイ・オーギュスト
Le Dauphin Louis-Auguste, 1770.