×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




絵画:シャルパンティエ・ル・ヴィユ 「未来のフランス王妃 オーストリア皇女マリー・アントワネット」
Charpentier Jean-Baptiste, Marie-Antoinette, Archduchess of Austria, future Queen of France.


音楽:バッハ チェンバロ協奏曲第5番 第2楽章 ラルゴ(アリオーソ)
J.S.Bach, Keyboard Concerto No. 5 in F-, BWV1056, Largo.


 アントワネットが嫁ぐ日が近づいてくると、マリア・テレジアは不安に襲われます。オーストリアの女帝としてではなく、母として、本当にこれでよかったのだろうかと。
 アントワネットが嫁ぐ前の最後の2ヶ月間、マリア・テレジアは娘を自分の部屋に呼び寄せ、一緒に暮らさせました。少しでも長く一緒にいられるようにと。

 1770年4月19日、ウィーンのアウグスティヌス教会で代理結婚式が行われました。この教会は、アントワネットが生まれた時に洗礼を受けた教会でした。代理の花婿は、アントワネットの一つ上の兄、フェルディナンド大公がつとめました。
 その2日後、4月21日、アントワネットはついにフランスに向かって出発しました。

 マリア・テレジアはアントワネットのために心得書を書き、これを母だと思って毎月21日に、必ず読み返すようにと渡しました。
 そしてこれを最後に、アントワネットとマリア・テレジア母娘は、二度と会うことはありませんでした。
 マリア・テレジアは亡くなる最後の瞬間まで、娘のことを心配し、祈りました。アントワネットもまた生涯、母を愛し、亡くなる最後の瞬間まで、マリア・テレジアの娘であることを誇りに思っていました。


マリア・テレジア
Maria Theresia