×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鎮 静 剤
              マリー・ローランサン
                  堀口大學 訳


退屈な女より もっと哀れなのは 悲しい女です。

悲しい女より もっと哀れなのは 不幸な女です。

不幸な女より もっと哀れなのは 病気の女です。

病気の女より もっと哀れなのは 捨てられた女です。

捨てられた女より もっと哀れなのは よるべない女です。

よるべない女より もっと哀れなのは 追われた女です。

追われた女より もっと哀れなのは 死んだ女です。

死んだ女より もっと哀れなのは 忘れられた女です。



LE CALMANT
             Marie Laurencin

Plus qu'ennuyée Triste.

Plus que triste Malheureuse.

Plus que malheureuse Souffrante.

Plus que souffrante Abandonnée.

Plus qu'abandonnée Seule au monde.

Plus que seule au monde Exilée.

Plus qu'exilée Morte.

Plus que morte Oubliée.




パステル色の美しい女性達を描いた画家のマリー・ローランサンは、1883年にパリのお針女の私生児として生を受けました。

19歳の時、磁器の絵付けの講習を受け始め、やがて画塾アカデミーアンベールに通い、そこでピカソと共にキュビスムを創始した芸術家、ジョルジュ・ブラックと出会います。
ブラックのひきあいで、モンマルトルのピカソのアトリエ、バトー・ラヴォワール(洗濯船)に出入りするようになり、そこで詩人アポリネールと出会い、運命的な恋に落ちます。
この時ローランサンは22歳、アポリネールは27歳でした。

けれどローランサンはやがて「洗濯船」のメンバーたちが熱心に描いていた キュビズムの絵に違和感を覚えるようになります。そして一つの事件が起こったのをきっかけに、アポリネールとの6年間の恋が終わります。
1911年8月22日ルーブル美術館から名画「モナ・リザ」が盗まれるという事件が起こり、その捜査が行われていた中で、アポリネールの秘書のピエレが、ルーブル美術館から彫像を盗み出して、アパートに隠していたということが発覚したのです。
アポリネールは共犯を疑われ、1週間拘留され、結局ピエレも含めて、無実だと分ります。
けれどそれがもとで、嫉妬深くなったアポリネールに、ローランサンはついてゆけなくなり、翌年、苦しみながらも彼の元を去ります。

けれど2人は別れた後も文通を続けます。
別れから5年の月日が経ち、ローランサンは結婚し、アポリネールは軍隊に入隊し、大怪我をした後、ローランサンの知らない女性と結婚してしまいます。
ローランサンは深く傷つきます。
しかもその年のうちに、アポリネールはスペイン風邪のため、この世を去ってしまうのです。
出会いから11年、アポリネールは38歳の若さでした。

アポリネールの死から38年後、ローランサンはパリで、心臓発作のため、亡くなります。
埋葬は、ローランサンの遺志通りにされました。
白い衣装に赤いバラを手に、そしてアポリネールからの手紙を胸の上に置いて・・・。


ローランサンが詩を書き始めたのは、1914年に第一次世界大戦が始まり、結婚したばかりの夫でドイツ人画家、オットー・フォン・ヴェッチェンとスペインに亡命した時でした。
スペインに彼女の居場所はなく、描いた絵も少なくなります。
そして、届くアポリネールの結婚と死の知らせ。
「鎮静剤」はそんな時に書き上げられました。

詩の中の哀れな女達。
そして最後のもっとも“哀れな女”は、ローランサン自身だったのでしょう。

けれどその時の彼女は知りえなかったのかもしれませんが、彼女はもっとも哀れな「忘れられた女」ではありませんでした。
アポリネールがスペイン風邪のため亡くなった時、その枕元にはローランサンが描いた名作「アポリネールと友人達」が架けられていたのです。



 


アポリネールの愛の詩へ