×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

わ ら い

詩:金子みすゞ 
金子 みすゞ童謡集「わたしと小鳥とすずと」より




それはきれいなばらいろで、
けしつぶよりかちいさくて、
こぼれて土に落ちたとき、
ぱっと花火がはじけるように、
おおきな花がひらくのよ。

もしもなみだがこぼれるように、
こんなわらいがこぼれたら、
どんなに、どんなに、きれいでしょう。



※    ※    ※    ※    ※


26歳の若さで亡くなった童謡詩人金子みすゞさんの優しい詩です。

お花畑が大好きです。
春のチューリップ畑に菜の花畑、夏のひまわり畑、秋のコスモス畑、北の国 のラヴェンダー畑。
みすゞさんなら、れんげ畑とたんぽぽ畑でしょうか。

“みんなちがって、みんないい。”

みすゞさんの詩は優しくて、ぽかぽかの太陽の暖かさを持っています。
同時にアンデルセンの『絵のない絵本』の世界中を旅して、様々な人々を見 続ける月の、優しい悲しみも。
詩集「わたしと小鳥とすずと」(JURA出版局)の、矢崎節夫さんのあとがき には、みすゞさんの詩は“みすゞのいのり”と 書かれていました。
ああ、そうだなあと、とても感動してしまいました。

「わらい」もとても美しいいのりです。
小さな女の子が、その小さい手を合わせて祈ったような、優しいお祈り。
きれいなきれいなお花畑が、全部やさしいわらいだったら、どんなに、どん なに、きれいでしょう。