×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自分感受性くら い

詩:茨木のり子 
童話屋「おんなのことば」よ り


  ぱさぱさに渇いてゆく心を
  ひとのせいにはするな
  みずから水やりを怠っておいて
 
  気難しくなってきたのを
  友人のせいにはするな
  しなやかさを失ったのはどちらなのか
 
  苛立つのを
  近親のせいにはするな
  なにもかも下手だったのはわたくし

  初心消えかかるのを
  暮しのせいにはするな
  そもそもが ひよわな志にすぎなかった

  駄目なことの一切を
  時代のせいにはするな
  わずかに光る尊厳の放棄

  自分の感受性くらい
  自分で守れ
  ばかものよ

※    ※    ※    ※    ※


大好きな茨木のり子さんの詩です。
子どもの文学に出てくる美しい庭。
私の庭では、大好きな花は咲いているのでしょうか?
「バラ」なんて育てにくい花を一番好きになってしまったのですが。
水やりを忘れたり、あげすぎたりしても枯れてしまいます。
いつか自分のバラ園を作るのが夢です。