×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



MIDI:ピエ・イエス(ああ、イエズスよ)
絵画:天使 
Angel(1889)

レクイエムの中でもっとも好きなのが、「サントゥス」と、この「ピエ・イエス」です。

大好きなボーイズ・エアー・クワイアのアルバム
『少年のレクイエム』の「ピエ・イエス」、初めて聴いた時、
この世にこんなにも美しい音楽があったのだと、涙が出ました。

掲示板でアントワーヌ様が書かれていましたが、フォーレのレクイエムには
「ディエス・イレ(怒りの日)」がありません。

モーツァルト、ヴェルディの2つのレクイエムでは、「ディエス・イレ」は人気があり、
モーツァルトのものは映画『アマデウス』『陰陽師2』、
ヴェルディは映画『バトルロワイヤル』に使われています。
この音楽の使われれいるシーンの共通点は、“恐怖”でしょうか。

アントワーヌ様がレクイエムについて書かれた、
“全体に人間の罪に対する劫罰の恐怖よりも、静謐な祈りに徹しきった作品”
というお言葉、本当にそうだと思います。

絵画は、アボット・セイヤーの絵画で、もっとも有名な「天使」です。
白い雲のような純白な翼。
こんなにも美しい翼を、私は知りません。