×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


絵画:ターシャ・テューダー 「秘密の花園」(表紙)
MIDI:ショパン 夜想曲第19番

Tasha Tudor, The Secret Garden (cover)

MIDI : F.Chopin Nocturne No.19 Op.72 in E Minor.
MIDI提供:Chopin and Liszt MIDI Works




 このページに飾っている絵は、ターシャ・テューダーの描いたフランシス・ホジソン・バーネットの児童文学『秘密の花園』(1911)の表紙です。

 『秘密の花園』の主人公で、10歳の少女メアリーは、英国の植民地であるインドで贅沢に、しかし両親からまったく構われなかったため、たいへんわがままな女の子になっていました。
ある時インドでコレラが流行り、メアリーはいっぺんに両親を失ってしまいます。
 メアリーは英国に住む伯父クレイブンに引き取られます。
 クレイブンの住む大邸宅は強風の吹きすさぶ荒れ野にありました。
 メアリーは最初は暗い気持ちになりますが、メイドのマーサや庭師のベンさん、そして屋敷の庭に飛んでくるコマドリと仲良くなります。

 この屋敷にはニつ秘密がありました。一つは高い塀に隠された開かずの花園、そして病弱で人前に出ないクレイブンの1人息子コリンでした。
 メアリーは、コマドリのお陰で、秘密の花園の扉と鍵を見つけました。
 この庭は10年前、クレイブンの妻でコリンの母である女性の庭で、彼女がブランコから落ちて亡くなった場所でもありました。妻の死の悲しみにクレイブンは、この庭を閉ざしてしまったのです。
 メアリーは、メイドのマーサの弟で動物好きの少年ディコンと協力して、庭を蘇らせようとします。そしてそのメンバーには、病弱なコリンも加わりました。
 わがままなだったメアリーも、メアリー以上にわがままに輪をかけたコリンも、庭で子どもらしさを取り戻していくのでした。

 この『秘密の花園』は何度か映画化もされていますが、掘り出し物がTV版(1987)です。ディコン役は、映画『ネバーエンディング・ストーリー』の主人公バスチアン役、バレット・オリバーが演じていました。
 このテレビ版には、ラストに、原作にない成長したメアリーとコリンが登場します。
 その成長したコリンを演じたのが、映画『英国王のスピーチ』(2010)の国王ジョージ6世役で第83回アカデミー賞を受賞したコリン・ファースでした(役と同名!)。
 またTV版『秘密の花園』のテーマ曲が、このページに流れているショパンのノクターン第19番です。


Colin Firth as Colin Craven in 'The Secret Garden' (1987)


 完全にネタバレ、TV版『秘密の花園』のラストシーンです。YouTubeにも動画があります。

 第一次世界大戦の終わり。庭に戻ってきた成長したメアリー。けれどそこにかつての少年達、ディコンとコリンはいない。
 伯父のクレイブンもまた亡くなっていた。
 「いつか子どもたちが戻ってくるから、庭を守っていてほしい」と、庭師のベンさんに言い残して。

 ベンさんとメアリーは語り合い、ディコンが森で戦死したと話す。
「森でなんてディコンらしいわ」と、悲しそうに、懐かしそうに言うメアリー。
「わたしはずっとこの庭を夢みてきたの。でも夢よりずっとここは素晴らしいわ」
 そう言った時、入り口で懐かしい声がした。
「薔薇が咲く所に雑草は生えない」
 それはベンさんが、かつて子どもたちに教えた言葉だった。メアリーの顔が輝く。
「コリン!」
 負傷し、少し足を引き摺りながらも、軍服姿の凛々しいコリンが立っていた。弱々しい少年だった彼は今は、すっかり背も伸び、知的な顔立ちの美しい青年に成長していた。
 駆け寄るメアリーを抱きとめると、コリンは言った。
「大学の時、君に結婚を申し込んだ。戦地からも手紙で。どうして返事をくれなかったの?」
 穏やかにメアリーは微笑んだ。
「ここで申し込んでほしかったの」
 コリンもまた、優しく微笑んだ。
「そうだよね。ぼくと結婚してくれる?メアリー・レノックス?」
「喜んで」
 キスをする2人を暖かく、花盛りの庭が見守っていた。




BACK