×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


絵画:ウォルター・クレイン 「桜草(プリムローズ)」 『シェイクスピアの花園』より
MIDI:リスト 「ため息」 『三つの演奏会用練習曲』より

Walter Crane, Primrose from "Flowers from Shakespeare's Garden", 1906.
MIDI : Franz Liszt, ''Un Sosprio from "Trois Caprices Poetiques".




PERDITA
O Proserpina, for the flowers now,
 that frighted thou let'st fall
 from Dis's waggon!

Daffodils,
 that come before the swallow dares,
 and take the winds of March with beauty;

Violets dim, but sweeter than
 the lids of Juno's eyes
 or Cytherea's breath;

Pale primroses,
 that die unmarried, ere they can behold
 bright Phoebus in his strength.
 -- a malady most incident to maids;

          (Winter's tale, Act 4. Scene 4. by William Shakespeare)

パーディタ
ああ、プロセルピナ、
あなたが驚いて、黄泉の国の王ディスの車から落とした
あのとりどりの花がほしい!

ラッパ水仙、
ツバメもまだ来ぬちに咲いて
その美しさで、三月の風をまどわすもの。

スミレの花、
色は淡いけれど、
ジュノーのまぶたより麗しく、
キュテレイアの息よりもかぐわしい。

薄い色の桜草は、
力強く輝く太陽神フィーバスの姿を見ることなく、死んでいく。
乙女にはよくありがちな病気ね。

         (ウィリアム・シェイクスピア 『冬物語』 第4幕第4場)


 シェイクスピアの『冬物語』より、「パーディタの花づくし (Perdita's Catalogue) 」として知られるセリフです。
 パーディタは羊飼いの娘として育てられた、シシリアの王女です。このセリフの中ではラッパズイセン、スミレ、桜草(プリムローズ)など、色とりどりの花が歌われます。
 この詩に出てくるギリシャの神々の名前は、Proserpinaは、大地の女神セレス(デメテル)の娘ペルセポネ、Dis(ディス)は冥界の王ハデス、Juno(ジュノー)は全能神ジュピター(ゼウス)の妻で、結婚の女神ヘラ、Cytherea(キュテレイア)は、美と愛の女神ヴィーナス(アフロディテ)、フィーバス(Phoebus)は太陽神アポロンのことです。



Anthony Frederick Sandys, Perdita, 1875.



BACK