×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


絵画:ウォルター・クレイン 「サンザシ」 『ヘンリー六世』より
MIDI:作曲者不詳 13世紀イギリス 「夏は来たりぬ」

Walter Crane, Hawthorne from "Henry VI".
MIDI : anony, Sumer is icumen in.



KING HENRY VI
Gives not the hawthorn-bush a sweeter shade
To shepherds looking on their silly sheep,
Than doth a rich embroider'd canopy
To kings that fear their subjects' treachery?

          (3 Henry VI, Act 2. Scene 5. by William Shakespeare)

ヘンリー六世
無心の羊の群れを見守る羊飼いに
サンザシの茂みが与える木陰は、
臣下の裏切りを恐れる王に、豪華な刺繍で飾られた
天蓋が与える憩いよりも心地よいのではなかろうか。
         (ウィリアム・シェイクスピア 『ヘンリー六世 第3部』 第2幕第5場)


ヘンリー六世(在位 1422-1461)
KING HENRY VI


 『ヘンリー六世』三部作(初演1591-1592)は、ランカスター家の王ヘンリー六世(在位 1422-1461)を描いた歴史劇で、ランカスター家とヨーク家の争い、それぞれの家の紋章が赤い薔薇と白い薔薇であったため、薔薇戦争と呼ばれた戦いを描いています。
 第1部のイングランド軍とフランス軍の戦いでは、フランスの救世主ジャンヌ・ダルクが登場し、第2部、第3部には、『リチャード三世』に引き継がれていく、ヨーク家のエドワードとリチャード(後のエドワード四世、リチャード三世)が登場します。イングランド側から描いた物語なので、ジャンヌ・ダルクは聖女どころか、妖術を使う魔女風に描かれているのが、当時はこんな風に伝えられたのだと、なかなかおもしろかったです。

 第三部では、ヨーク家側が勝利をおさめ、ヘンリーは自分の死後、王位を譲り渡すことを約束させられます。そんな王をふがいなく思い、フランスから嫁いできたマーガレット王妃とランカスター家の貴族たちは、王を無視してヨーク側に兵を起こしました。
 ヘンリー王は戦争の合間、王であるよりも、羊飼いの方が幸せだと嘆くのが、上記のセリフです。
 文学の中に出てくるサンザシの花といえば、フランスのマルセル・プルースト著『失われた時を求めて』がもっとも印象に残っていますが、シェイクスピアの作品の中でも、この『ヘンリー六世』や、『夏の夜の夢』などに、美しく登場しています。

 ランカスター側は一旦は勝利しますが、次の戦いではヨーク側が勝利し、ヘンリー王の皇太子エドワードは殺され、ロンドン塔に幽閉されていたヘンリー王もまた、ヨーク家のリチャードによって殺されてしまうのでした。そして王位はヨーク側へと行くのでした。


作者不詳 『ヘンリー六世』より 「ジャンヌ・ダルク」
anony, Joan of Arc from "Henry VI", c.1860.




BACK