×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


絵画:ウォルター・クレイン 「月桂樹(ゲッケイジュ)」 『トロイラスとクレシダ』より
MIDI:パラディス 「シチリアーノ」

Walter Crane, Laurel from "Troilus and Cressida".
MIDI : Paradis, Sicilienne.


ULYSSES
Prerogative of age, crowns, sceptres, laurels,
But by degree, stand in authentic place?
       (Troilus and Cressida, Act 1. Scene 3. by William Shakespeare)

ユリシーズ
長上の特権も、王冠、王笏、月桂樹の特権も、
位階によらなければ、どうして正当な地位を保ち得ましょうか?
            (ウィリアム・シェイクスピア 『トロイラスとクレシダ』 第1幕第3場)


V. W. Bromley, Troilus and Cressida.


 『トロイラスとクレシダ』(初演 1602 初版1609)は、チョーサーの『トロイラスとクリセイデ』、ホメロスの『イリアス』を元に作られました。
 
トロイ戦争を背景にしたこの劇を、喜劇とみるか悲劇と見るか、古くから意見が別れ、「問題劇」と呼ばれてています。

 古代のトロイの都、王プライアム(プリアモス)には、5人の息子たちがいましたが、そのの中の1人、王子パリスは、ギリシア軍の総大将であるアガメムノンの弟、スパルタ王メネレイアス(メネラオス)から、美貌の妻ヘレンを奪いとってしまいました。
 ギリシア軍は国を挙げてトロイを攻撃します。それがトロイ戦争です。

 戦いが始まってから、何の進展もなく7年が過ぎ去りました。

 トロイの王子の1人、トロイラスは神官カルカスの娘クレシダに、戦意も喪失するほど、激しい恋心を抱いていました。そんなトロイラスとクレシダを、クレシダの叔父パンダラスが取持とうとします。クレシダもトロイラスに惹かれていましたが、想いを受け入れたら彼の恋心がさめるのではと、なかなかその想いを外には出しませんでした。
 ただクレシダの、その想いの隠し方が、これまでのシェイクスピア作品のヒロインとは違い、かなりしたかたです。


CRESSIDA
Women are angels, wooing:
Things won are done; joy's soul lies in the doing.
                       (Troilus and Cressida Act 1, Scene 2)


クレシダ
女は口説かれているうちが花。
落ちたらそれでおしまい。喜びは口説かれているあいだだけ。
                       (『トロイラスとクレシダ』 第1幕第2場)


 ギリシア側から、ヘレンを返せば無条件で終戦するという知らせが届きました。トロイ陣営は議論し、第一王子ヘクター(ヘクトル)はヘレンを返すことを主張しますが、トロイラスは名誉のためと言ってそれに反対します。もちろんパリスもヘレンを手放す気はなく、ヘクターも名誉という言葉に心を動かされ、ヘレン返還の拒否に賛同しました。

 パンダラスの取持ちで、ようやくトロイラスとクレシダは結ばれます。ところがギリシア軍との捕虜交換で、クレシダがギリシア側に引き渡されてしまいます。
 クレシダとトロイラスは再会を約束し、クレシダは手袋を、トロイラスは片袖を渡しました。

 王子ヘクターとギリシア軍の勇者の1人エイジャックス(アイアス)との一騎打ちが行われますが(ヘクターは本当はギリシア一の勇者アキリーズ(アキレス)と決闘したかった)、エイジャックスは半分はトロイの血を引く、ヘクターの従兄妹で、ヘクターは血縁同士が争うことはないと戦いを中止してしまいます。
 その立派さに感動したギリシア軍はヘクターを招待し、盛大な宴を催します。トロイラスもついていき、クレシダを探しました。
 やっとクレシダを見つけますが、彼女はなんとギリシアの将軍ダイオミーディーズと親しげに話します。トロイラスの知らない淫蕩な彼女の顔。そしてトロイラスが見てるとも知らず、クレシダは愛の誓いを交わし交換した、あの片袖を、ダイオミーディーズに渡してしまったのです。

 やがて戦争が再開され、復習の鬼となったトロイラスは、あの袖を兜につけると言っていたダイアミーディーズを倒そうと、復讐心を燃え上がらせるのでした。


 最初に掲げた、ユリシーズの月桂樹のセリフは、ギリシャの智将ユリシーズ(オデッセウス)が、秩序位階を強調して有名になった演説の一部です。
 彼はギシシアに引き渡されたクレシダを見て、すぐに彼女の淫蕩な本性を見抜きます。また、この戯曲には出てきませんが、トロイを一夜にして滅ぼした、かの木馬を考案したのも彼でした。


作者不詳 『トロイラスとクレシダ』より 「クレシダ」
anony, Cressida from "Troilus and Cressida", c.1860.



BACK