×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


絵画:ウォルター・クレイン 「パンジー」 『ハムレット』より
MIDI:ラフマニノフ 「エレジー」

Walter Crane, Pansy from "Hamlet".
MIDI : S.Rakhmaninov, Op.3-1 Elegie "morceaux de fantasie".


OPHELIA
There's rosemary, that's for remembrance; pray,
love, remember: and there is pansies. that's for thoughts.
          (Hamlet, Act 4. Scene 5. by William Shakespeare)

オフィーリア
これがローズマリー、ものを忘れないようにするお花よ。
ねえ、愛しい方。お忘れにならないでね。
それからパンジーもあるわ。
これはものを想えってしるしよ。

            (ウィリアム・シェイクスピア 『ハムレット』 第4幕第5場)


Jean Baptiste Bertrand, "Ophelia"(1873-6),


 『ハムレット』第4幕第5場の、狂えるオフィーリアと兄のレアティーズの会話です。

 狂える哀れなオフィーリアは、兄を愛するハムレットと間違えたのか、兄に「これがローズマリー、ものを忘れないようにするお花よ。ねえ、愛しい方。お忘れにならないでね」と言い、その後にこう続けます。

「それからパンジーもあるわ。
これはもの思いのお花よ」

 パンジー(Pansy)という名は、フランス語の「パンセ(Pensée)」(思い,考え)から来ています。花の形が瞑想にふけっている人のように見えることから、そう名付けられたそうです。

 恋人ハムレット(実は兄のレアティーズ)へは「忘れないで」という意味のローズマリー、そして彼女自身の悲しみの思いはこのパンジーに託したのでしょうか。



ウォーターハウス 「オフィーリア」(1889)
John Waterhouse, "Ophelia"(1889),




BACK