×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Arthur Hughes
Ophelia




アーサー・ヒューズ 「オフィーリア」 1852年
Arthur Hughes, Ophelia, 1852.



QUEEN
There is a willow grows aslant a brook,
That shows his hoar leaves in the glassy stream;
There with fantastic garlands did she come
Of crow-flowers, nettles, daisies, and long purples
That liberal shepherds give a grosser name,
But our cold maids do dead men's fingers call them:
There, on the pendent boughs her coronet weeds
Clambering to hang, an envious sliver broke;
When down her weedy trophies and herself
Fell in the weeping brook. Her clothes spread wide;
And, mermaid-like, awhile they bore her up:
Which time she chanted snatches of old tunes;
As one incapable of her own distress,
Or like a creature native and indued
Unto that element: but long it could not be
Till that her garments, heavy with their drink,
Pull'd the poor wretch from her melodious lay
To muddy death.

HAMLET, Act 4, Scene 7

王妃

柳の木が小川の上に斜めに身を乗り出し
鏡のような流れに銀の葉裏を映しているあたり。
あの娘は、その小枝で奇妙な冠を作っていました。
キンポウゲ、イラクサ、ヒナギク、シランなどを編み込んで。
あの花を、はしたない羊飼いたちは淫らな名で呼び
清らかな乙女たちは「死人の指」と名付けている。
それからあの娘は柳によじ昇り、しだれた枝に花冠を掛けようとした途端
意地の悪い枝が折れて
花冠もあの娘も
すすり泣く流れに落ちてしまった。裳裾が大きく拡がって
しばらくは人魚のようにたゆたいながら
きれぎれに古い賛美歌を歌っていました。
身の危険など感じてもいないのか
水に生まれ水に棲む生き物のよう。
でも、それも束の間、
水を含んで重くなった服が
可愛そうに、あの娘を川底に引きずり込み
水面に浮かんでいた歌も泥にまみれて死にました。

ウィリアム・シェイクスピア 『ハムレット』 第4幕7場より
松岡和子/訳 ちくま文庫 シェイクスピア全集1





OPHELIA
[Sings]
And will he not come again?
And will he not come again?
No, no, he is dead:
Go to thy death-bed:
He never will come again.
His beard was as white as snow,
All flaxen was his poll:
He is gone, he is gone,
And we cast away moan:
God ha' mercy on his soul!
And of all Christian souls, I pray God. God buy ye.

HAMLET, Act 4, Scene 5

オフィーリア

(歌う)
もう帰らないの、あの人は?
もう帰らないの、あの人は?
そうなの、死んでしまったの
お前もお行き、死の床へ
あの人は二度と戻らない。

髭は真っ白、雪のよう
髪は銀色、麻のよう
あの人はいない、もういない
嘆いてみても甲斐はない
神さまどうかお恵みを。
皆様にもどうかお恵みを。ご機嫌よう。

ウィリアム・シェイクスピア 『ハムレット』 第4幕第5場より
松岡和子/訳 ちくま文庫 シェイクスピア全集1


アーサー・ヒューズ 「オフィーリア そして彼は二度と戻らない」 1863-1871年
Arthur Hughes, Ophelia "And will he not come again?", 1863-1871.