×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






 オフィーリアはウィリアム・シェイクスピア(1564-1616)の悲劇『ハムレット』に登場する美少女です。彼女は主人公であるデンマークの王子ハムレットの恋人で、国王の顧問官であるポローニアスの娘でした。

 ハムレットは父である国王を突然亡くし、王位は父の弟であるクローディアスが継ぎ、ハムレットの母であるガートルードと結婚しました。
 王位も母も叔父に奪われた形のハムレットの前に、父である先王の亡霊が現れ、弟に毒殺されたことを告げます。そのことを確かめるために、ハムレットは気の狂ったふりをします。何も知らないオフィーリアは、ハムレットに冷たくされ、涙にくれます。

 宮廷で劇が催されます。劇の内容はハムレットの計画で、父の亡霊に聞いたまま、その殺害を再現したものでした。劇を見るクローディアスはただならぬ様子で、結局最後まで見続けることができず去っていき、ハムレットは父の殺害が真実だと確信しました。
 そして父を殺害した男と再婚した母ガートルードを責めます。その部屋には壁掛けに隠れたポローニアスがいました。会話を盗み聞きされたと、ハムレットは相手を確かめず切りつけ、ポローニアスは死にました。

 父ポローニアスのの死を聞き、オフィーリアは悲しみのあまり、ついに正気を失います。そして、花をいっぱいに抱えながら、宮廷や野原をふらふらとさ迷います。
 そして間もなく、オフィーリアは川で溺れ、死んでしまいます。誤って落ちたのか、それとも自殺だったのか、その様子は王妃ガートルードの言葉によって語られます。

 哀れなオフィーリアの物語は、多くの画家の心を動かし、絵の題材となりました。このページでは、そのオフィーリアを描いた絵を紹介していきます。
 絵画には、オフィーリアの死の場面が語られる第4幕第7場の王妃ガートルードのセリフ、そしてオフィーリアを詩にしたフランスの詩人アルチュール・ランボー(1854-1891)の『オフィーリア』の、原文と翻訳を添えました。それぞれ翻訳者を変えてあるので、比べてみるのもおもしろいかと思います。


ウジェーヌ・ドラクロワ 「オフィーリアの死」 1844年
Eugène Delacroix, The Death of Ophelia, 1844.
ギュスターヴ・クールベ 「オフィーリア ─ 死の婚約者」 1842年 ほか
Gustave Courbet, Ophelie, la fiancee de la mort, 1842. etc.
ジョージ・フレデリック・ワッツ 「オフィーリア」 ほか
George Frederic Watts, Ophelia. etc.
水に沈むオフィーリア
Jean Baptiste Bertrand - Ophelia
MONOCHROME - Ophelia -
Anna Lea Merritt, Ophelia, 1889. etc.
 
ジョン・オースティン 『ハムレット』より 1922年
John Austen 'Hamlet'
1922
ハムレットの劇中劇
Play Scene in Hamlet
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ 「ハムレットとオフィーリア」 1866年
Dante Gabriel Rossetti, "Hamlet and Ophelia" 1866

オフィーリアとハムレット
Ophelia and Hamlet
オフィーリアの狂気
DThe madness of Ophelia
トーマス・フランシス・ディクシー 「オフィーリア」
Thomas Francis Dicksee, Ophelia.
ジョン・エヴァレット・ミレイ 「オフィーリア」 1851-52年
John Everett Millais, Ophelia, 1851-1852.
アーサー・ヒューズ 「オフィーリア」 1852年
Arthur Hughes, Ophelia, 1852.
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス 「オフィーリア」 1894-1910年
John William Waterhouse, Ophelia, 1894-1910.
ポール・アルベール・ステック 「オフィーリア」 1895年
Paul Albert Steck, Ophelia, 1895.
ジョルジュ・ジュール・ヴィクトール・クレラン 「オフィーリア」 1898年
Georges Jules Victor Clairin, Ophelia, 1898.
RUSSIAN OPHELIA ロシアのオフィーリア
コンスタンチン・エグロビッチ・マコフスキー 「オフィーリア」 ほか
Konstantin Egorovich Makovsky, Ophelia. etc.
象徴主義の画家によるオフィーリア
LE SYMBOLISME - Ophélie -
オディロン・ルドン 「オフィーリア」 1901-1905年
Odilon Redon, Ophelia, 1901-1905.
シメオン・ソロモン 「オフィーリア」 1905-1906年 ほか
Simeon Solomon, Ophelia, 1905-1906.
アーサー・ラッカム 「オフィーリア」 1899-1909年
Arthur Rackham, Ophelia, 1899-1909.
ウォルター・クレイン  『シェイクスピアの花園』 1906年
Walter Crane, Flowers from Shakespeare's Garden, 1906.
山本丘人 『草枕絵巻』より 「水の上のオフェリア」(美しき屍) 1926年
Kyujin Yamamoto, Ophelia, 1926.
オフィーリアの花 『ハムレット』第4幕第5場より
Ophelia's Flowers - Hamlet, Act 4, Scene 5