×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Arthur Rackham
Ophelia



アーサー・ラッカム 「オフィーリア」 『シェイクスピア物語』より 1899-1909年
Arthur Rackham, Ophelia (Tales from Shakespeare), 1899-1909.






This was the funeral of the young and beautiful Ophelia, his once dear mistress. The wits of this young lady had begun to turn ever since her poor father's death. That he should die a violent death, and by the hands of the prince whom she loved, so affected this tender young maid that in a little time she grew perfectly distracted, and would go about giving flowers away to the ladies of the court, and saying that they were for her father's burial, singing songs about love and about death, and sometimes such as had no meaning at all, as if she had no memory of what happened to her. There was a willow which grew slanting over a brook, and reflected its leaves on the stream. To this brook she came one day when she was unwatched, with garlands she had been making, mixed up of daisies and nettles, flowers and weeds together, and clambering up to bang her garland upon the boughs of the willow, a bough broke and precipitated this fair young maid, garland, and all that she had gathered, into the water, where her clothes bore her up for a while, during which she chanted scraps of old tunes, like one insensible to her own distress, or as if she were a creature natural to that element; but long it was not before her garments, heavy with the wet, pulled her in from her melodious singing to a muddy and miserable death.

Tales From Shakespeare by Charles Lamb
HAMLET, PRINCE OF DENMARK



 それは、かつてはハムレットの恋人だった、若く美しいオフィーリヤ姫の葬式だった。オフィーリヤは父の死後、頭がくるいはじめた。虐殺されたことと、しかも下手人が、愛しているハムレット王子であることが、このやさしい娘の心をいため、まもなく、すっかり気がくるってしまった。そして、宮廷じゅうの婦人たちに花をくばっては、「これは父さまの埋葬用の花よ」といい歩いたり、愛の歌や、死の歌や、ときにはなにも意味のない歌をうたったりするようになった。まるで自分の身の上になにがおこったか覚えがないようだった。
 さて、ある小川のほとりに、一本のヤナギがななめにはえていて、葉のかげを流れにうつしていた。ある日、オフィーリヤはだれも気がつかないうちに、この小川にやってきて、ヒナギクやイラクサなど、花も草もごちゃまぜにしてつくった花輪を手に、ヤナギの大枝にその花輪をかけようと、枝によじのぼった。そのとき、枝がおれ、この美しい娘も、花輪も、いろいろひろいあつめたものも、ぜんぶ川へまっさかさまに落ちこんだ。オフィーリヤの衣がひろがって、しばらくオフィーリヤのからだをささえているあいだ、古い歌をきれぎれに口ずさむ姿は、まるで、自分の身の危険に気づかないか、あるいはもともと水になれている生き物のように見えた。しかし、まもなく、衣に水がしみ、重くなって、美しくうたいつづけるオフィーリヤを、あわれにも泥水の中へとひきずりこんだ。

チャールズ・ラム 『シェイクスピア物語』 「ハムレット」
厨川圭子/訳 偕成社文庫











素材提供: