×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Dante Gabriel Rossetti
Ophelia



ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ 「ハムレットとオフィーリア」 1866年
Dante Gabriel Rossetti, "Hamlet and Ophelia" 1866



[Enter Hamlet]

HAMLET

To be, or not to be- that is the question:
Whether 'tis nobler in the mind to suffer
The slings and arrows of outrageous fortune
Or to take arms against a sea of troubles,
And by opposing end them. To die- to sleep-
No more; and by a sleep to say we end
The heartache, and the thousand natural shocks
That flesh is heir to. 'Tis a consummation
Devoutly to be wish'd. To die- to sleep.
To sleep- perchance to dream: ay, there's the rub!

- Soft you now!
The fair Ophelia!- Nymph, in thy orisons
Be all my sins rememb'red.

OPHELIA
Good my lord,
How does your honour for this many a day?

HAMLET
I humbly thank you; well, well, well.

OPHELIA
My lord, I have remembrances of yours
That I have longed long to re-deliver.
I pray you, now receive them.

HAMLET
No, not I!
I never gave you aught.

HAMLET, Act 1, Scene 3

  ハムレット登場。

ハムレット

生きてとどまるか、消えてなくなるか、それが問題だ。
どちらが雄々しい態度だろう、
やみくもな運命の矢弾(やだま)を心の内でひたすら堪え忍ぶか、
艱難(かんなん)の海に刃(やいば)を向け
それにとどめを刺すか。死ぬ、眠る──
それだけのことだ。眠れば、
心の痛みにも、肉体が受け継ぐ
無数の苦しみにもけりがつく。それこそ願ってもない
結末だ。死ぬ、眠る。
眠ればきっと夢を見る──そう、厄介なのはそこだ。
  (中略)
待て、
美しいオフィーリア!森の妖精、
僕の罪の赦しもその祈りにこめてくれ。

オフィーリア
殿下。
この頃はご機嫌いかがでいらっしゃいますか?

ハムレット
もありがとう、元気だよ元気、元気。

オフィーリア
殿下、頂戴した品々、
いつかお返ししなければと思っておりました。
どうかお納めください。

ハムレット
いや、駄目だ。
何もやった憶えはない。


『ハムレット』 第3幕第1場より 松岡 和子/訳



ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ 「ハムレットとオフィーリア」 1865年
Dante Gabriel Rossetti, "Hamlet and Ophelia" 1865









ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ 「ハムレットとオフィーリア」 1958年
Dante Gabriel Rossetti, Hamlet and Ophelia, 1858.


HAMLET
You should not have believ'd me; for virtue cannot so inoculate our old stock but we shall relish of it. I loved you not.

OPHELIA
I was the more deceived.

HAMLET
Get thee to a nunnery! Why wouldst thou be a breeder of sinners? I am myself indifferent honest, but yet I could accuse me of such things that it were better my mother had not borne me. I am very proud, revengeful, ambitious; with more offences at my beck than I have thoughts to put them in, imagination to give them shape, or time to act them in. What should such fellows as I do, crawling between earth and heaven? We are arrant knaves all; believe none of us. Go thy ways to a nunnery.

HAMLET, Act 3, Scene 1

ハムレット
信じたのが間違いだ。美徳を接木しても、もとの台木の罪深い性質はそのまま残る。お前を愛したことなどない。

オフィーリア
それなら私は二重にだまされて。

ハムレット
尼寺へ行け。ああ、罪人を産みたいのか? 俺はこれでも並の節操は持っているつもりだ。それでも、いっそ母が産んでくれなければよかったと思うほどの罪は、いくらでもあげつらうことができる。傲慢で、執念深く、野心家だ。いますぐにも罪を犯しかねない。それを思いつく頭も、それに形を与える想像力も、それを実行に移す時間も足りないくらいだ。俺のような男が天と地のあいだを這いずりまわり、いったい何をしでかす?俺たちはみんな悪党だ。誰ひとり信じるな。尼寺へ行け、さあ。

『ハムレット』 第3幕第1場より 松岡 和子/訳



ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ 「ハムレットとオフィーリア」 1853〜54年
Dante Gabriel Rossetti, "Hamlet and Ophelia" 1853-54









ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ 「オフィーリアの発狂」 1864年
Dante Gabriel Rossetti, The First Madness of Ophelia, 1864.



LAERTES
O heavens! is't possible, a young maid's wits
Should be as moral as an old man's life?
Nature is fine in love, and where 'tis fine,
It sends some precious instance of itself
After the thing it loves.

OPHELIA
[Sings]
They bore him barefaced on the bier;
Hey non nonny, nonny, hey nonny;
And in his grave rain'd many a tear:--
Fare you well, my dove!

LAERTES
Hadst thou thy wits, and didst persuade revenge,
It could not move thus.

OPHELIA
[Sings]
You must sing a-down a-down,
An you call him a-down-a.
O, how the wheel becomes it! It is the false
steward, that stole his master's daughter.

LAERTES
This nothing's more than matter.

HAMLET, Act 4, Scene 5


レアティーズ
ああ、どうしてこんなことが。若い娘の頭が
老人の命のようにもろくも崩れるのか?
人間らしさの証しは人を愛する細やかさ、だからこそ
愛する者の亡きあとは
人として最も貴いものにそのあとを追わせるのか。

オフィーリア
(歌う) 顔も覆わず棺に乗せて
ヘイ・ノン・ノニ、ヘイ・ノニ
お墓に涙の雨が降る──
さようなら、いとしいあなた。

レアティーズ
お前が正気で復讐しろと言っても
これほど心を動かされはしない。

オフィーリア
続けて歌わなきゃ駄目、あなたは「ずん、ずん、ずん」よ、それからあなたは「呼んでごらん、ずん」ってね。ああ、糸車の調子にぴったりね。主人の娘を盗んだのは召使い頭、恩をあだで返したのよ。

レアティーズ
無意味な言葉がかえって意味を持つ。

『ハムレット』 第4幕第5場より
松岡和子/訳 ちくま文庫 シェイクスピア全集1 『ハムレット』



「オフィーリアの発狂」 1855年 
The first Madness of Ophelia, 1855


「オフィーリアの発狂」 習作 1848〜52年 
The first Madness of Ophelia - Figure Study
1848-52









ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ 「オフィーリア」
Dante Gabriel Rossetti, "Ophelia"












素材提供: